沼 眼科

院長 沼 朝代

〒610-0101
京都府城陽市
平川指月62-2
TEL: 0774-53-1122
FAX: 0774-53-1900
 





主な眼科設備

細隙灯顕微鏡
主に前眼部を観察する顕微鏡です。

あらゆる疾患でこの検査を行います。

眼底カメラ CLARUS 500
眼底を撮影するカメラです。

当院では画像をパソコンに保存し、写真を見ながら、症状の説明をいたします。

CLチェッカー
コンタクトレンズの汚れやキズを確認します。

コントラスト感度検査装置
視機能の一つとしてコントラスト視力を測定します。

CFF(フリッカー検査)
視神経疾患が疑われる場合、行われます。

視点を点滅させて、ちらつきを感じなくなった時の点滅回数を調べます。

動的視野計 Goldmann

自動静的視野計
疾患に応じたプログラムをたて、2種類の視野計をつかって測定していきます。

Hess Chart(ヘス チャート)
眼球運動を調べる器械です。

レーザー治療 ニデック社製

マルチレーザー
糖尿病性網膜症などの網膜の血管疾患、黄斑部疾患、網膜剥離などをレーザー光線で治療します。また、閉塞隅角緑内障に対してもレーザーで虹彩切開します。

角膜内皮細胞撮影装置
角膜内皮細胞は角膜の透明性の維持に重要な働きをしています。

内皮細胞の画像を撮影して、細胞数を調べる装置です。

OCT 光干渉断層計
CIRRUS HD-OCT 5000

OCT 角膜形状解析装置
サンコンタクトレンズ製

Copyright© 2003 NUMA EYE CLINIC All rights reserved.